体験レッスン~初めましての子供たちと~


体験希望の子供たちへのレッスンが続いています。


初めまして、のごあいさつをして

軽くおしゃべりをして

体験レッスンスタート。



スタートの段階で、


すでにすっかり打ち解けてくれる子、

早く“何か”したくてうずうずしている子、


逆に

ほとんど目を合わせてくれない子、

こちらからの問いかけには声を出さずすべて首を縦横に振るだけの子、

と、いろいろ。



心を開いてくれている子は、

体験レッスンへの期待と喜びを

顔と目の輝きで精いっぱい表現しています。


そういう時は、

その子の興味、関心がどこを向いていて、

喜びの度合い、興奮度、がどのくらいなのか、

手に取るようにわかるので


「その子の望み」にぴったりと合わせた内容でレッスンを進めていけます。


子供も楽しそう!、私もとても楽しい!


こんなレッスンをしている時は、心の底からやりがいを感じます。




目を合わせてくれない子、会話が弾まない子は、


こちらの顔を見たくないわけではなく

話したくないわけでもなく


とても緊張していてどうしていいかわからない

恥ずかしくてたまらない

という想いでいっぱいの場合もあります。


そういう「心の声」を発信してくれていると感じた時は

それをしっかり受け止めて

「その子の求めていること」に焦点を合わせ

“無理のないテンションとテンポ感”でレッスンを進めていけます。



会話は弾まなくても、顔の表情が変わらなくても

<心の中で面白がってくれている>

と、“空気”を通して感じることができている時は、

やっぱりやりがいを感じます。


出会った子供たちとまた会えたらいいなぁ・・・・!!