子供たちが長くレッスンを続けていられるわけ

長くレッスンを続けている子供たちには


<一日でも長く続けていてほしい>



と、強く想い続けている保護者がいつもそばにいます。


時には進んで練習しようとしない子供に腹を立てたり

機嫌がころころと変わって順調に動いてくれない子供にため息をついたり

自分自身の仕事と子育ての両立に悩みくたびれ果てたり


それでもあきらめない保護者がいつもそばにいるから

子供たちはレッスンを続けていられるのです。




子供たちがレッスンを長く続けていられるのは

もちろん本人の努力があってのことではありますが


それ以上に


“保護者の揺らがない覚悟”があるからこそ! なのです。